アドセンスやサイトアフィリなどのオンラインビジネス&美容室などのオフラインビジネスの複数ビジネスの仕組みを作りノマドライフを送るフカミの実践記





コピーライティングが最も発揮されるビジネスモデルとは?

headline_BCV

昨日は、「コピーライティングの重要性」について
解説しました。

復習のために書いておくと、コピーライティングというのは、文字、つまり文章で、

人の心を動かし(interest)
何かしらの行動(action)

を起こさせるものです。

前にも説明しましたが、めちゃくちゃな文章でも、
人間の脳が勝手に解釈できて読む事ができたりします。

他にもこんな例もあります。

「長方形の机の上にある
真っ赤な熟れているリンゴを
想像しないでください」

はい。想像しちゃいましたよね?

人間の脳は〜〜ないという否定の事象でも
絶対に想像してしまうのです。

だから、ネガティブ思考は止めた方が
いいとも言われているのですが。。。

こんな感じで、人間の脳って複雑でもあり
単純でもあるのです。

人間(人類に一番近いらしい)は、約3万年前に現れ、
今に至る訳ですが、脳は意外に進化していないんです。

つまり、人間って進化しているようで、実は本能的な
動物的な部分(本能?)はたいして進化していないと
いうことです。

なので、

悪用すれば、人をコントロール(洗脳)すること
さえできてしまうくらい危険なものでもあります。

文字の文化は、人類の歴史とほぼ一緒なわけですが、
文字で物を伝えることは大昔からあり、それに関して
いろんな研究も行われてきた歴史があります。

TVも冷蔵庫も、100年前にはなかったんですよね^^;

それに比べれば凄い長い歴史ですが、

例えば、100年前のコピーライティングで有名な
雛形(コピーのテンプレ)が、未だに最先端の広告
とかで使われている
って知っていますか?

なぜ、そんな古いコピーでも廃れずに高い反応(レスポンス)が
取れ、凄い利益を生み出せているのかというと、さっき
言ったように人間の脳は変わっていないからです^^;

なので、この広告のコピーライティングのスキルを
身につければ、知らない人だとしても高い物でも
買ってくれるようになるのです。

前置きが長くなりましたが、今日のメインテーマ

「コピーライティングが最も発揮されるビジネスモデルとは?」

についてです。

インターネットのビジネスでは、動画なども流行ってきたりも
していますが、今でも、そして今後も枯れずに続くのが
「文字で物を売る」というコピーライティングなのです。

ちょっと実践的な話をすると、、、

例えば、

アドセンスはクリックされればいいと思われています。

実際に、売る必要もなく、広告をクリックさせようとコピー
ライティングのスキルを一切使う事がアドセンスでは
禁止されているため、ライティングのスキルは必要ないと
思うかもしれません。

しかし、アドセンスの場合も、SEOとかキーワードとかに
注目されがちですが、実は、コピーのスキルは大事なのです。

一体、何に使うか分かりますか?

別に物を売る訳じゃないので、コンテンツとなる
文章の部分では、説得させたり、心を動かしたり
感動させるような良い文章は書く必要がありません。

でも、、、

一番関わってくる意外に重要な部分が
「記事タイトル」なのです。

この記事タイトルは、ブログやサイトの
訪問者には関係ないのですが、検索段階
で非常に重要なのです。

その答えは分かりますか?

一般のサイトアフィリなどでも一緒ですが、
アクセスが来てくれないと話になりません。

特にアドセンスの場合は、アクセス数に
比例して報酬が伸びます

つまり、沢山のアクセスが来てくれた
方がいいのです。

で、単純に考えると、じゃあSEOで1位に
出すしかないんでしょ?

って安易な発想に到るわけですが、
検索で1位じゃないとダメなんですか?(蓮舫風)

2位でも、3位でもいいんですよ(笑)

例えば、あなたの家で流しの水が
止まらなくなったとします。

急いで止めないとダメですよね?

やばい!1秒でも早く対処しないと、
水道代がヤバいことになるぞと。。。

で、タウンページがなかったら、
ネットでこんな感じで検索するわけです。

「水漏れ 修理 今すぐ」
↑検索リテラシーが低い一般人はこんな検索をしますw

その検索結果が、、、例えば、

1位:水漏れがなぜ起こるのか? ○○水道会社

2位:会員登録制、水漏れ修理なら 大阪○○リフォーム

3位:緊急の水漏れなら、全国どこでも30分以内に修復完了!

こんな感じの結果だとしますよね^^

で、あなたはパッと見て、どのページを開きますか?

急いでなければ、上から一つずつ見ていくことも
あるかもしれませんが、今は時間がないんです!

恐らくあなたも

3位:緊急の水漏れなら、全国どこでも30分以内に修復完了!

これを開きますよね?

つまり、1位じゃなくて3位の方がアクセスが
多くなることも十分に起こり得るわけです。

なら、みんなが1位を目指してる大変な
SEO対策の土俵に一緒に立つ必要もありません

こんなことができるのも、コピーライティングの力なのです。

実際最近のクライアントのアドセンスサイトも
こんな感じでSEOに頼らずに「記事タイトル」に
重点を置いているので、多少の検索結果の変動が
あっても安定してアクセスが来て報酬も安定しています。

当然、どんな商品を売るとしても、また無料オファーや
楽天アフィリのようなただクリックさせれば良いという
場合にも、ネットでビジネスをやるならどんな時にも
役立つものが、コピーライティングの力なのです。

で、本題に入ると、一番コピーの力が発揮されるのは、
メルマガやサイトでのセールスの時
です。

中には、メルマガで家とか成約させている
人とかもいますからね^^;

ただのメールで家とかマンション、車などが
売れるって凄いことだと思いませんか??

あなたももしかしたら聞いた事があるかもしれませんが、

「DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)」

というものが一番力が発揮されるものです。

これを極めると、普通の世界にいると意味不明な、
メール一通で数百万とか数千万とかの世界があるわけです。

DRMというのは、簡単にいうと、

○興味ある人を集める
○情報を伝えて教育する
○物を売る

という流れの仕組みことです。

たった3行ですが、各パートは、めっちゃ奥が深いものです^^

もし、コピーライティングやDRMについて学びたいなら、
これらに関する教材や専門書で学びましょう。

特にこれらの業界は海外の方が進んでいるので、下手なところで
学ぶよりも本元の一時情報から学んだ方がいいですよ。

例えば有名人といえば、ダンケネディなどがいますが、
以下の書籍は是非バイブル書として持っておいた方がいいですよ。

現代広告の心理技術101
オンライン・コピーライターズ・ハンドブック

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る