アドセンスやサイトアフィリなどのオンラインビジネス&美容室などのオフラインビジネスの複数ビジネスの仕組みを作りノマドライフを送るフカミの実践記





効率的に稼ぐアドセンス方法の嘘①

adse189616

何度か書きましたが、フカミは過去2、3年間本気で
アドセンスに取り組んできました。

当時は、アメリカのadsense forumなどもチェックして、
最新の情報や注意点、変更点など
を確認していました^^

で、最近はそこまで深くまで情報収集をしていないのですが、
アドセンスの稼ぎ方のノウハウを公開している一部の人達って
情報古過ぎるなと思います。。

何かを売るためにワザとなのかもしれませんがw

流石にペラページで量産しよう!みたいなことは
最近見かけなくなりましたが。。

もちろん、中には以前から参考にさせてもらっている
優秀なアドセンスに関する情報サイトもありますが。。。

一般的に稼げるアドセンスサイト(ブログ)の作り方はこんな感じです。

よく言われているアドセンスの稼ぎ方

  1. 自分の得意分野や興味のあるジャンルを決める
  2. 楽天などを利用して稼げそうかを調べる
  3. ライバルサイトを調べる
  4. キーワードを探す
  5. メインキーワードを含む2、3単語のキーワードで記事を作る
  6. ロングテールでアクセスを拾いつつ、記事を増やしてサイトを強くしながらSEO対策して稼ぐ

こんな感じで攻めるのが最も稼ぎやすいとも言われていたりします。

実際に、これは間違いではなく、僕自身も当時やっていた方法の一つです。

でも、今はリマーケティング機能を利用した稼ぎ方もあるんです。

ほとんどこの稼ぎ方に触れている人いませんがw

リマーケティングアドセンス

勝手に「リマーケティングアドセンス」と命名してしまいましたが、
今は以前効率の良かった「コンテンツマッチ広告」で稼ぐ
方法以外でも稼げるようになっているんですよね^^

リマーケティング機能とはadwordsの広告主の方で設定するのですが、ある訪問者が
その広告を一度踏んだら、他のサイトでも優先的に再表示させる機能のことです。
(PC端末で管理)

この機能を広告主側が使用する理由は?

クリックされたということは、興味があるけど今回は購入に至らなかった

  

何度か表示すれば、あるタイミングで購入される可能性が高い

という広告主側の戦略であり、グーグル側も進めている方法です^^

しかも、リマーケティング機能はあまり費用もかからないので、
やらない方が損なくらいのサービスなんですよね!

AdWords広告やってて、もしこれを知らない人いたらやばいですw
(広告代理店任せにしている会社とかの方大丈夫ですか?)

今はアクセスが集められればアドセンスで稼げる時代

というわけで、以前は稼げないと言われていたアクセスだけは集められるけど、広告単価も低く、
クリック率も低いと言われていたサイトやブログも、今はアクセスさえ集められれば、
サイトジャンルに関わらずかなり稼げるようになっているんですよね^^

なので、高単価な広告表示されるキーワードを狙わずとも、
今はアドセンスで普通に稼ぎ易くなっているわけです。

アドセンスの設定では「行動ターゲティング広告」の設定をする必要がありますが、
これもGoogle では、「インタレストベース広告」をした方が収益は上がりますよ!

と教えてくれています^^

というわけで、アクセスが集め易いサイトやブログを作っても稼げないから、
少ないアクセスでも高単価な悩みの深いキーワードやジャンルで攻めましょう!

といった定番のやり方ではなく、今は、アクセスさえ集めれば、
むしろ稼げない方が難しい感じ
になっているんですよね。。。

ただし、今までのコンテンツマッチで相性の良かった記事下の「レクタングル大」を
変えた場合は、クリック率や単価が下がる場合もありますのでご注意を^^;

むしろ、あまり記事と関与していない余りのスペースとかに
効果が高いというのが実感です!

その辺は、自身のサイトでいろいろテストしてデータを
分析して広告の最適化をしていきましょう!

長くなったので、続きの具体的な攻め方は、

>>効率的に稼ぐアドセンス方法の嘘②<<

で書きます^^

ではではノシ

フカミ

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る