アドセンスやサイトアフィリなどのオンラインビジネス&美容室などのオフラインビジネスの複数ビジネスの仕組みを作りノマドライフを送るフカミの実践記





【Q&A】アドセンスってそんなにクリックされるの?

1-540x360

アドセンスについて、以下のような質問をいただきましたが、
これに似た質問をよく受けるので、ここで回答をシェアしますね^^

 

フカミさんはアドセンスでかなり稼がれていたみたいですが、アドセンス広告って記事の下や、スマホでは画面の下に表示されるやつですよね?
興味はあるんですが、それってそんなにクリックされるものなのでしょうか?

 

まず、クリック報酬型広告のアドセンスがどういうものかを
知らない人は、事前に調べておいてくださいね。

では、回答です。

 

一般的なサイトの場合(悩み系、ソリューション系以外)

 

ニュースサイトや面白ネタ、ポータルサイトなどの場合、
想像通り、多くの人は普通のサイトに普通のアドセンス広告が
表示されていてもほとんどクリックしません。

ただ、それでも数が集まれば、ある一定数はその広告が
気になってクリックしてくれるものです。

僕自身もアドセンスをやる前は、

「誰が広告を好き好んで押してくれるんだろう?」

とか思っていましたが、関係ない広告が表示されていても、
数の力で面白い事に一定の割合でクリックしてくれます。

クリックしている多くの人は、恐らく暇つぶしでネットサーフィンしている
ネットのリテラシーの低い人だと思います。

そういう人は、クリックできそうならボタンがあれば、
どんどんクリックして飛び回っていきます。

実際にこういう人が多いので、どんな関係のない広告だとしても、
ある程度アクセス数が増えると広告はクリックしてもらえます。

で、普通のニュースサイトやポータルサイトなどでは、
0.1%程度のクリック率が出せれば、かなり良い広告といえます。

 

悩み系、ソリューション系のサイトの場合

 

アドセンスで稼ぐには、基本的に、悩み系や何かの問題解決が
できるサイト
を作った方がいいです。

例えば、一例を挙げると「日焼けの対策法」などのテーマです。

 

今からアドセンスサイトを仕込むなら、夏頃にアクセスが増えそうなテーマ、ジャンル、キーワードでサイトを作りましょう。

 

こういうテーマでサイトを作った場合、あなたのサイトに
アドセンス広告を貼っておくと、自動的に関連する広告を
表示してくれます

そうすると、、、

あなたのサイトの記事の下にこんな感じで
アドセンスの広告が表示されるわけです。
(あくまでも例ですよ。)

•「絶対焼かない!丸一日落ちない日焼け止め配合美容液」

•「白くならない。伸びが3倍良い日焼け止め」

•「日焼け止め・UVカット一覧」

日焼け止めについて調べている人が日焼け止めのサイトに遊びに
来てくれて、もしこういったリンクがあったら、気になって
クリックする人がいると思いませんか?

 

実際に、記事との関連性の良い広告で広告の配置も良く、
また広告自身のキャッチコピーなどが良い場合は、
UU(ユニークユーザー)ベースでアドセンスのクリック率が
10〜20%
出ることもあります^^

つまり、こういった悩み系や問題解決を提供するような
サイトの場合は、高いクリック率になりやすいです。

広告のクリック単価(1クリックあたりの報酬)は、
また別の問題ですが。。。

ついでに、例で出した「日焼け止め」サイトを作る場合は、
アドセンスだけでなく、商品のアフィリもできます

(初心者は楽天アフィリのクッキー狙いでもいいと思いますが、
既に何かで稼いでいる方はA8などのASPで売れる商品を探しましょう。)

ある程度サイトが大きくなってきたら、アドセンスと両刀使いしたり、
どちらか片方ずつテストして、どういう配置が最も収益化できるかを
テストしてみるといいですよ。

一つのサイトで2つ以上のキャッシュポイントがあって、
どれも同じくらい収益化できているのが理想ですからね。
(どれかに偏る事がほとんどですがw)

 

というわけで、アドセンスはネットビジネスの中では、
かなり稼ぎやすい部類ですし、外注化の仕組みも簡単に作れるので、
不労所得型のキャッシュポイントとしてはおすすめですよ^^

ちなみに、芸能人、ゴシップ系、ニュースなどの旬ワード型のアドセンスサイト
(ちょっと前に流行っていたトレンドアドセンス)は、自転車操業になってしまい
仕組み化しづらいし、資産サイト(放置しても稼げるサイト)にはなりにくいので
フカミはおすすめしませんからね^^;

一生アクセスが枯れないキーワードやテーマでサイトを作っていく方が、
よっぽど堅実で賢い選択だと思いますから!

では、最後に全体としてのポイントです。

 

自分は広告を押さないから稼げない!と想像してしまうことは、
自然な事ですし、自分の感覚を信じることは大事だと思いますが、
マーケット(大衆心理、大衆行動)を知るということも同時に
絶対に欠かせないスキルなので是非覚えておいてくださいね^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る