アドセンスやサイトアフィリなどのオンラインビジネス&美容室などのオフラインビジネスの複数ビジネスの仕組みを作りノマドライフを送るフカミの実践記





サイトアフィリはアドセンス脳からの脱却が大事!

banner_s1

こないだナオキさんと話した時にも出た話題ですが、サイトアフィリを始めるにあたって、初心者の方は安い案件(1件100円〜500円)に手を出しやすい傾向があります。

でも、みんな考える事は一緒で、下手に無料ブログで無料サンプルや資料請求の案件をやってみても、あなたのサイト(ブログ)は多数のライバル達の中で埋もれてしまう可能性が大です。

特に、SEOで検索順位に依存する集客をしているのなら。

だからといって、いきなり高額な案件を扱った方が良いという話ではなくて、
1件の報酬が500円、1,000円程度の案件でサイトを作っても、
労力は変わらずに単純に報酬は2〜5倍とかになりますよ^^

ってことです。

シンプルにキーワードなりSEO、マーケティング(市場調査)のスキルなどをある程度
身につけていきながら実践し、軌道修正していく方が遥かに短期間で稼げると思います。

なので、人気の教材「LEREA」でも3つのステップアップの手法を取り入れていますが、
最初のステップは苦労する割にほとんど稼げないので挫折しやすいかもしれません。

もちろん、ノウハウやテンプレ自体はもの凄くコスパは高いですが。

 

アドセンス脳に要注意

 

よく『アドセンス脳』と言われますが、アドセンスの場合は、あまりレイアウトや
コンテンツの力に関係なく、アクセスさえ集めればある程度稼げてしまいます。

なので、アドセンスで稼いでいる人は、アクセス至上主義者が多いのです。

フカミ自身もサイトアフィリをやる前のアドセンスで稼ぎまくっていた
当時は完全にアドセンス脳でした(笑)

でも、サイトアフィリの場合は、このアクセスの量の考え方は無意味です。

アクセス数ではなく、むしろアクセスの質の方が重要だからです。

例えば、クレジットカードを例にしてみると、、、

クレジットカードのカード発行のアフィリをするとして、
「クレジットカード 紛失」でいくらアクセスを集めても、
その訪問者達が今探している情報は、

紛失したけど、今何をすればいいのか?系の回答が欲しい訳です。

なので、そこでいくらクレジットカードを紹介しても、
誰もクレジットカードを新しく申込まないですよね?

逆に、「クレジットカード 審査 緩い」とか3単語狙いでコンテンツを作ったとすると、
1ヶ月に多くても数人しかアクセスはこないかもしれません。
(そもそもクレカ系はアフィリ上級者だらけなので)

でも、そのアクセスは、すでに申込む直前の段階の人で、
非常にアクセスの質は濃い(購入指数が高い)訳です。

このように、サイトに月に数人しか訪問者が来なくても、
年に数10万稼げるようなケースもあるのです。

つまり、サイトアフィリの場合は、アクセスの量よりも質が重要だということです。

購入意欲の高い人だけを集められれば、アクセスの数はそれほど必要ないですし、
重要な要素ではないので覚えておいて下さいね!

 

ps
サイトアフィリで稼いでいる人は、表舞台になかなか登場しませんが、
(そもそも出る必要性がないので)隠れて桁違いに長期的に
稼いでいる人って知らないだけで凄く多いんですよね。

サイトアフィリは、ちょいちょい裏技的なSEOや稼ぎ方もあったので、
短期的に稼いでいた人はもの凄い数がいて、情報販売に移行して
情報弱者から荒稼ぎみたいな人とかもかなりいます^^;

そんな中でも、5年以上ずっと稼いでいる人は、実績だけでなく、
知識、考え方なども凄い勉強になります

まだサイトアフィリはフカミは2、3年生くらいですが、
ホンモノになれるよう少なくとも5年以上の実績は作り
上げていきたいなと思っています。

サイトアフィリで尊敬できる人は、フカミ自身は
5、6人しか知りませんし、他は信用していません^^;

その中の一人が、最近知った市川さんです。

市川さんはその辺のサイトアフィリエイターとは
桁違いの長期的な実績とノウハウを持っています。

サイトアフィリを本業で会社レベル(社員10人以上)で経営している方です。

ちょうど今サイトアフィリの基礎的なノウハウが無料で7/9(火)まで公開されています。

この動画がためになるのはもちろんのこと、質問に対しても無料で
回答を貰えるので、是非チェックしてみてくださいね。

フカミがした質問もすぐに回答していただいたので、
フカミの質問といただいた回答も見る事ができますよ^^

この回答集を読むだけでも相当スキルアップできると思います。

ほどんどの人は、自分がした質問の回答しか読んでないでしょうけどね^^;
マジで勿体ないです。。

このオファーのバックエンドは、たぶんセミナーか高額塾だと思いますが、
今から気になって仕方がないです。

早くセールスのオファーが来ないかな(笑)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る