アドセンスやサイトアフィリなどのオンラインビジネス&美容室などのオフラインビジネスの複数ビジネスの仕組みを作りノマドライフを送るフカミの実践記





稼げるサイトを作るためのサイト制作ツール

tools

こないだは、無料ブログはリスクばかりだ。ってことと、長期的に考えたら、なる早で独自ドメインを使ってサーバーを借りてサイトを作って行った方がいいよ!的なお話をしました。

これは今までにも何度も言っている事ですが、今後も少なくとも
数年はこの意見は変わらないと思います。

また、独自ドメインを取得しレンタルサーバーを借りる際の
ポイントや流れは、以前に

独自ドメインとレンタルサーバーの選び方」で説明したので
確認してみてくださいね。

今日は、ドメインを取得して、サーバーを借りた後の話で、
「稼げるサイトを作っていくためのサイト制作ツール」について。

ちょうど先週の土曜にスーパーアフィリエイター兼google公認パートナーの
ナオキさんと都内の某ホテルで色々話してきました。

そこで、いただいた質問の回答などの対談音声を撮っていたのですが、
その中でも、時間を効率的に使う為のテクニックや、サイトを作る時の
テンプレの重要性や利用価値などを沢山話してきました。

その質問の中にもあったのが、

無料ブログで稼げているので、これからサイトを
外注して作っていこうと思ってます。外注代はいくらくらい?

というような内容です。

回答としては、小規模のサイトなら、まずは外注しないで
自分で作るスキルを身につけた方がいいよ!
ってことでした。

といっても、一からHTMLやCSSなどを勉強する必要はなく、作りながら
必要に応じて調べる、学ぶって感じが最もコスパが良いと思います。

つまり、テンプレ(雛形)を上手に活用した方が良いよって話です。

テンプレは、HTLMサイト用、MT(Movable Type)用、スマフォ用、WP(Word Press)用など
様々なタイプが販売されていますが、下手な外注さんよりも絶対に良いです。

このテンプレをベースにちょっとカスタムするだけで、魅力的なサイト、
売れるサイトが簡単に作れますからね。

ちなみに、WP(Word Press)は無料ブログサービスと同じように、
少し無料のテンプレが配布されていますが、ここから奇麗なサイト、
売れるサイトに作り替えるのはかなり大変です^^;

一つのテンプレを持っているだけでも、いくつものパターンのサイトを
作る事ができるので、絶対にテンプレは持っておいた方がいいですよ!

例えば、、、今無料ブログを運営していて、全部を独自ドメイン+ワードプレスに
作り替えたり、新たに作った場合、最初から収益化することはもちろん難しいですが、
数ヶ月後には、アクセスは無料ブログを超え、安定していきます。

それ以外にも沢山のメリットがあります。

  • 無料ブログより導線が作りやすく、誘導しやすいため成約率も上がります。
  • 独自ドメインの場合、アクセスが枯れにくいので、ある程度作り込めば更新をサボる事ができます。
  • 自分の管理下で運営しているので、リスクがない安定した収益が毎月手に入ります。

また、こういったテンプレの値段の相場は、1つ1万〜2万で買えることがほとんどです。

テンプレに関する質問も多いので、実際にフカミが最近使っているテンプレをいくつか紹介します。

>>フカミおすすめの5つのWP用テンプレート

ただし、テンプレはあくまでもテンプレでありレイアウトに過ぎません。

なので、これまでにワードプレスを運営したことがない人や、
HTMLの基礎など全く分からない人にはちょっと敷居が高いかもしれません。

もし、WP初心者の方が最初にテンプレを手に入れる場合、おすすめできるのは、
今だと「教科書+テンプレ」のLUREAが一番良いと思います。

フカミ自身もLUREAをベースに、すでに4サイト作ってますから^^

ノウハウ的には、サイトアフィリの上級者には物足りないものだと思いますが、
初心者の方にとっては、稼ぐ為に大事な基礎的な知識や動画説明が揃っているので、
これだけでも十分なサイトアフィリの全体像や売る為のコツが学べます。

この中の3つのステップの流れを一から順番に実践していくことは、
フカミはおすすめしませんが、知識としては非常に大事ですよ。

ps
サイト制作の外注は、商品数がかなり多いネットショップなどでは、
外注する価値があると思いますが、相場も分からずに、
下手な外注化をすると無駄な出費になるケースが多いので注意しましょう。

100Pのサイト制作で10万、20万取られることも普通です^^;

サイトのレイアウトも大事ですが、むしろ見栄えよりも大事なのは
『コンテンツ』の方です!

ヘッダーなど重要な最低限必要な見栄え、ユーザビリティの良さになってさえいれば、
デザインやレイアウトに時間をかけすぎるのは時間の無駄ですからね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る