アドセンスやサイトアフィリなどのオンラインビジネス&美容室などのオフラインビジネスの複数ビジネスの仕組みを作りノマドライフを送るフカミの実践記





「やる気」が出ない時の2つの克服法

1783527dq39

よく単純作業のルーチンワークをする時などに、
なかなか腰が重くなって、やる気がでないことを
体験したことがあると思います。

でも、そんなことは別に怠惰とかでなく、
至って普通なことだと思います。

むしろモチベーションが続く人の方が何かに
取り憑かれた危ない人
じゃないですかね?(笑)

よく、分刻みでスケジューリングをつけるといい、
みたいな本などもありますが、ああいう類いのものって、
凄いまじめな人だけが実践できる方法なんだと思います。

むしろ、そういう人の方が珍しいわけで、
そうなりたい人が多いからこ、こういう類いの本が
ずっと形を変えて新書になっていくわけです。

なので、自己管理のような本を読んで、一時的に
モチベーションが上がって、頑張ってみようと
思っても3日坊主になり、自分には無理だ。
自分はダメ人間だ〜!!

みたいになっている人って多いと思います。
僕も昔はそうでしたし。。。

啓発系などのセミナーとかもそうですよね^^;

で、経験や実践から僕自身が身につけた
やる気を出す方法
を紹介します。

その方法とは、、、

 

①作業直前まで状態にする

 

凄く単純な方法ですが、やりたいとかやりたくないに関わらず、
とりあえず作業の形を作ること。

例えば、PCの作業なら、PCの電源付けて椅子に座って、
作業始める直前の状態にするということです。

そこで、やっぱり全く手が動かなければ、
止めてもいいってルールにします。

こうすることで、やる前はほとんど「やる気」が
なかったのに、少し手を付けてみると、意外に
ドンドン集中力が増し、作業が進む
ってことが
よくあります。

特に稼ぎ始めるときは、いきなりシステム化や
外注化はできないので、自ら行動してみないと
いけないので、スタートアップの際には凄い
この方法は役立つかもしれません。

少なくとも僕は、眠くても、疲れてても、、、
とりあえずPCの電源をつけて作業する準備までいく。

ってことをして、それでも手が動かなければ、
諦めて寝るみたいなことをしてました。

 

②やった後の満足感、未来を想像する

 

これはよく言われていることだと思いますが、
人間って〜〜しなきゃいけない!って自分で
思っている事程できないらしいです。

いつまでに〜〜しよう(具体的な作業)と思えば思う程、
なかなか手が着かないということありませんか?

なので、作業内容(やるべき事)を考えるのではなく、
それを達成した時の結果を意識して、幸せ感を感じる
ことを意識すれば、結構モチベーションも上がって来ますよ。

これをやって、こうなったら、さらにこうなって、
回りから尊敬されたり、自分もあんな幸せな状態に
なってるんだ!

という妄想力です^^

意外にこれって凄い大事なことですよ!!

自分自身で想像できない未来は、ほとんど
叶う事はないと思いますからね^^;

結構、今回紹介した方法は、効果がある技だと
思うので是非使ってみてください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る