アドセンスやサイトアフィリなどのオンラインビジネス&美容室などのオフラインビジネスの複数ビジネスの仕組みを作りノマドライフを送るフカミの実践記





「教える」ではなく「伝える」だけで十分!

伝える

今日は、富士急ハイランドに誘われたので、
絶叫系が好きなフカミは当然参加してきました(笑)

その面白写真を、あるツイッターアカウントで
呟いてみたら、反響が凄かったです^^

もしツイッターを使って稼ごうとしているなら、

どうすれば成約(反応)の取れるつぶやきができるか?

ということを真剣に考えていますか?

『業者っぽくない自然なつぶやきが重要だ。』
ということは、何度も言っているので、
もう分かっているかもしれませんが、

文章のスキルは、ほぼ全てのネットを使った
どんなビジネスにも必須なものです。

これは「コピーライティング」と呼ばれる
スキルなので覚えておいてください。

このコピーライティングのスキルさえあれば、
ネットのあらゆるビジネスで稼ぐ事ができます。

実際に、こないだ僕が挑戦したツイッターで
ダイレクトに携帯を売るアフィリにあえて
挑戦してみたのを知っていますか?

携帯電話に関するサイトとかも持っているので、
そのサイトで誘導すれば、稼げるのは普通ですが、
あえて、全く関係ないツイッターのアカウントで
携帯の機種変のアフィリ案件を呟いてみたのです。

その案件のレターをみたら、かなり強いオファーだし、
別に詳しく説明する必要性も、説得する必要もないなと。。

これなら、携帯をそろそろ変えようかな〜と思っている人に
伝えるだけで、普通に喜ばれるのでは?って仮説でした。

実践では、ツイッターで数日分セット(5日分?)するのに
かかった所要時間は、確か10分くらいです。
(つぶやきの予約は、Hootsuiteで。)

実践結果は、予想以上に収益が出たのですが、普通に良いものなら
伝わって、やはり説得や説明しなくても勝手に買ってくれます。

ちなみに、その時の結果はこんな感じです。

http://bit.ly/N6f9eN
(Only Twitter)

このポイントは、「教える」のではなく、
「伝える」ってことです。

何かを教えて、興味のない人の行動を動かすことって
凄く難しいことですが、その人の興味ある喜ばれる
物であれば、伝えるだけで十分なわけです。

例えば、ラーメン好きの友達に、わざわざ、

『ここのラーメン屋は、家系の豚骨系で、わりと
新しいんだけど、あそこの家系と味は似てたよ。

酒井製麺だったけど、やっぱ旨いよね^^
もちろん硬めがオススメだよ。

値段は、他の家系よりも50円安いのはいいね。

でも、ノリ増が100円するのが、ちょっとダメだと思うけどね。
○○家っていうラーメン屋だよ。』

うんちくなんて別に要らんから、さっさと店名教えろよ!
って思いませんか?

今ふと思い浮かんだんですが、昔こんな長々と説明を
してくれる変な友人がいたのを思い出しました。

ラーメンのスープは別にクドくてもいいですが、
説明は、支那そばのようなさっぱり感で
伝えるだけでいいんですよ(笑)

下手に詳しい説明や感想なんか要らないんです。

なので、家系のラーメン好きに伝えるなら、、、

『このラーメン屋旨かったよ。(写メ付き)』
これだけで、十分ですよね?

【今日の教訓】

状況に応じて、伝え方を考えることは超重要です。

この考え方とか説明の仕方は、「コピーラーティング」の一つの要素ですが、スパマーを含め多くの人が、
単純に「煽れば売れる!」などと勘違いしています。

もし煽るだけの真似をしていたら、いくら稼ぎやすい商品やサービスだとしても、
絶対に稼げるようにはならないので、必ず「コピーライティング」は学んでいくべきですよ!

僕もまだまだ勉強中ですが、コピーライティングのスキルは、勉強して
実践していくことを繰り返していくだけで、報酬が比例して増えていきます^^

なので、一生かけてでも、勉強し続ける価値があるし、
やりがいも面白さもありますよ!

また、めっちゃ長くなりそうな予感がしてきたので、
今日はこの辺で続きは次回に書きますね^^;

というわけで、次回は、コピーライティングの重要性
について書いていく予定です。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る