アドセンスやサイトアフィリなどのオンラインビジネス&美容室などのオフラインビジネスの複数ビジネスの仕組みを作りノマドライフを送るフカミの実践記





ペンギンさんのフィルター被害とパンダさんの恩恵?

スクリーンショット 2013-09-06 4.34.40

こないだの、「過剰SEOに制裁?ペンギンアップデートでアフィリサイト9割ダウンw」に関してですが、

スカイプで、何やったの?とかホントに9割減なんですか?大丈夫ですか?

などのメッセージを頂いたので、データを出そうと思います^^

ペンギンフィルターにかかったサイト数は50はいきませんが、
かなりの数になっています;;

例えば、ペンギン被害の激しいサイトはこんな感じです。

ペンギンSEO被害1

ペンギンSEO被害2

ペンギンSEO被害3

 

これらは中でも酷いもので、アクセス50%減とかミドルキーワードの検索結果3位から2ページ目など、
キャッシュとかは問題なくスパムってはいませんが、強制的な順位低下という感じのサイトが多いです。

 

でも、逆にアクセスがアップしているサイトもあったりもします。

中でもアクセス上昇率が凄いのがこのサイト。

SEOパンダさんの恩恵

 

これは、ペンギンとは無関係で、その前のパンダ・アップデート3.5による恩恵なのでしょうかね??

これ意外にもペンギンが発動した米24日のXデーからアクセスアップ
しているサイトも結構な数あります。

吹っ飛んだサイトは何をやっていたのかというと、相互リンク、
無料ブログの自作自演リンクくらいで、昔流行っていたらしい、
海外掲示板などのスパム的なことは全くやっていません。。。

同じような被リンク構造でも、飛んでないサイトやアップしたサイトがあり、
ペンギンのフィルターがかかったサイトの理由が正直分かりません^^;

ある一定以上の比率のキーワードによるバックリンクが
マズいのかなと想像していますが、ちょっとした言葉の
違いでのリンクもダメってことですかね。

例えば、「引越 見積」、「引っ越しの見積情報」とかで、
キーワードを分散している気になっていても、
危険なんだなと感じています。

「こちら」とか「URL」でのリンクなど一見SEO的には無駄な
リンクが自然なリンクであって、これからはかなりキーワードの
分散を意識した方がいいのかもしれませんね^^;

SEOについてはあまり詳しくないので、仮説でしかありませんが、
これからは自演リンクは控えてコンテンツ量と質だけで、
ナチュラルリンクをゲットしていこうかなと思います。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る