アドセンスやサイトアフィリなどのオンラインビジネス&美容室などのオフラインビジネスの複数ビジネスの仕組みを作りノマドライフを送るフカミの実践記





楽しく生きるためのあなたの武器「こん棒」の見つけ方

スクリーンショット 2013-09-04 10.38.52

インターネットのビジネスって、RPG(ロールプレイングゲーム)と
凄くよく似てるなって思うときがあります。

例えば、自分のレベルが低くても、強い仲間(実力のある仲間)と
一緒にビジネスなり、情報交換ができれば、今までいけなかった
ダンジョン(業界)にいって、新しい強い敵がいる場所(マーケット)を
開拓することもできます。

また、超弱い武器の「こん棒」しか自分が持っていなくても、
こん棒が役立つ場所で戦えば、自分の実績になって、
レベルがあがっていくわけです。

いきなり強敵がいるところに「こん棒」しかないレベルの
低い状態で突っ込んでいっても、当然瞬殺されます(笑)

最初の武器は「こん棒」で十分!


この「こん棒」というのは、あなたの武器のことです。

今稼いでいる人は、「○○○○ソード」とか強そうな
凄い武器(才能)があったから稼げたんでしょ?

とか思ってませんか?

そんな人は、ほとんどいないと思いますよ^^;

ほとんどの人が「こん棒」からスタートしてます。

ちなみに、「こん棒」くらいの武器は絶対に誰しも
持っているはずだし、それを持っていないと
いう人は、考え方が相当まずい
と思います^^;

誰しも、得意なこと好きなことってあるわけですよね?

武器といえる程の自信がない??

それが大きな間違です。「こん棒」レベルでいいんですよ。

例えば、今の時代の高校生、中学生なら、ほとんどの
人がネットを使って知りたい情報を探せるじゃないですか?

老人ホームなんかにいって、ちょっとした話題で

ドバイにいってみたいのよね〜。
いくらくらいでいけるのかしら?

って言われたら、あなたなら、ほんの数分
ネット検索すれば、相場が分かると思います。

でも、年配の方(ネットを使いこなせない人)にとっては、
この技術(スキル)って凄い驚くことなんですよね。

ところで、僕が新しいサイトを制作しようと思って、そのバナーに
アニメっぽい画像を使おうと思った時がありました。

でも、著作権だらけのイメージだったので、どうやって探したり、
描いてもらったりすればいいかさっぱり分からなかった訳です。

こういう全く知らないジャンルのことって、調べ方さえ
分からないことがありますよね?

で、アニメとか画像加工に詳しい友人に聞いてみたんです。

そしたら、Pixiv(ピクシブ)で探せばいいじゃん!

って即答されました^^

ん?何それ?

有名なの?常識なの?僕は聞いた事もないし、全く知らん。。。

これを調べてみたら、実際に凄い人数が登録されていることに
ビックリしました!素人なのに、こんな絵が上手い人が、
こんなに集まってるって凄いな!!
(中にはプロもいるということを後で聞きました)

というわけで、この中でこの人ならいい感じに書いて
くれそうだという人にお金を払いたいと言って、
書いて貰いました。

最初は無料で書いてくれるとか言われたんですが、
無料なら結構ですと伝えました。

納期とか、作品の質、時間とか考えると、
無料の方がリスクがあったりしますからね。

このサイトを教えてくれた友人には、めっちゃ感謝してるし、
そういうその人にとっては、既に当然のように知っている
情報だけでも十分に価値があったりします。

なので、絵を描ける人も、自分より上手な人が沢山いるから、
自分なんかにお金を払ってもらうのが申し訳ないとか
全く考える必要がないんです。

僕が必要とした今回の素材は、絵の上手さとか、かわいさ、
細かさなんかじゃないんです^^;

説明できませんが、これだ!って思ったものです。

きっと他の人からみたらなんでこの人?って思われる
かもしれませんが、たまたま見つけただけで、時間も
使いたくなかったので、もしかしたらもっといい
絵描きさんがいたかもしれません^^;

でも、僕の中ではこの人のレベルや画力で十分書いて
貰えるなって思ったからお願いしました。

美味しいお店が、必ずしも売れるお店ではない!
ってことと一緒です。

なので、どんどんこういう場に自分を露出した方が
いいわけです。

なければ、自分でブログを作って発信すればいいんです。

ツイッターでもmixiでも拡散して、いろんな人に
簡単に見てもらえる時代
なんですから。

例えば、子供が書いた落書きだって、どこかの世界の
富豪がその絵をめっちゃ気に入って2億で買わせてくれ!
って言われるチャンスも0ではないですからね^^

でも、こういうチャンスも自分で発信しなければ、
絶対起こることはないです。

宝くじを買わなければ、宝くじが当たらない。のと一緒です。
(ちなみに僕はアンチ宝くじ派ですが。)

こんな一攫千金狙いは、全くおすすめしないけど、
最初はちょっとした金額でも、徐々に実績をつけていけば、
いずれ、十分な基礎収入は作れるのが現在の社会
です。

なのでバイトしながら、絵やアニメのプロを目指している人は、
もっとビジネス的な考えを身につければ、今の時代、
自分では「こん棒」しか持っていないと思っていても、
運に頼らず、いくらでも可能性を自分で切り開ける
わけです。

自分の武器を見つけて、それを磨く努力をしましょう。

あなたの好きな事を好きだと発信していくことから、
いろいろ未来の道が開けると思いますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る