アドセンスやサイトアフィリなどのオンラインビジネス&美容室などのオフラインビジネスの複数ビジネスの仕組みを作りノマドライフを送るフカミの実践記





アフィリエイターはマーケターであるべき!?

banner_s1

フカミが尊敬するアフィリエイターというのは何人かいますが、
その人達はネットによく登場している有名アフィリエイターではありません。

しかもその人達は、自分をブランディングして稼ぐような人ではなく、
裏で仕組み化を作って決して表には出てこない凄腕マーケターです。

例えば、フカミと対談音声を撮ったナオキさんは、グーグル認定パートナーであり
サイトアフィリのプロですが、最近まで表には全く出てませんでしたし^^;

※ナオキさんとの対談はこちらで無料プレゼント中です。

そして、フカミ自身もスーパーアフィリエイター?とか
いうものを目指すつもりはありません(笑)

フカミの職業は自分自身でも正直不明ですし、沢山ありすぎて
分かりませんが、広い意味ではマーケターだと思っています。

特にサイトアフィリエイターなら、マーケティングスキルというのは終わりなき勉強です。

これはノウハウ的なことだけでなくて、情報収集やデータの
処理、考察などのスキルも含まれます。

なので、如何に効率良く情報を入手していき、今後のトレンドを
見抜くことができるか?

というスキルを身につけることは非常に大事です。

この能力が高くなれば、残りの具体的なサイト作りなどについては、
全て外注して収益を出し続けていけますから。

僕の尊敬するサイトアフィリエイターの一人には、まず表舞台には出て
来ませんが月に6000万くらいサイトアフィリのみで稼いでいる人もいます(笑)

ネットの世界、短期間で稼ぎまくって消えていく人達が多いのは、今も昔も、
そして今後も変わらないと思いますが、長く稼いでいる人は共通して情報に
対するインプット力が凄い
です。

常に高い意識で情報に対するビジネスのアンテナを立てているので、
ちょっとしたニュースでもいろいろなビジネスモデルが浮かび、
それを外注していけば収益は勝手に増えていきますからね。

これは、「現代版の錬金術」という感じですが、
自分が管理するサイトというのは「資産」なんですよね。

そう遠くない未来に「資産税」を取られても
おかしくはないと思っています(笑)

で、話を戻すとアフィリエイターであるなら、こういった様々な情報を
すぐに入ってくるようにしなければいけないと思います。

ケンコーコム勝訴で高まる医薬品ネット販売参入の気運 しかしさらなる薬事法改正も?

本気でサイトアフィリをしている人達なら、
知っていて当然なニュースだとは思いますが。

このニュースを眺めて、????となったら、
はっきり言ってあなたはマーケスキル不足です。

これは、大きなビジネスチャンスと今後のトレンドの
ヒントになるビッグニュースですからね^^

フカミは法律とかあまり詳しくないですが、法律に
詳しい知り合いも沢山いるので、裁判の判例結果は
今後に大きい影響を与えることは知っています。

まぁそれを知らなくても、yahooとか楽天が全力で売るよ!
っていう記載で、これはチャンスだなと見抜けると思いますが。。

というわけで、あらゆるニュースに目を向けてアイディアや
チャンスを見抜けるようになりましょう

どんな小さなニッチなマーケットでもあっても、
それを開拓して小額でもマネタイズできれば、
後は数を増やしていけばいいだけの話ですから。

なので、あまりマーケットサイズについては
最初は考えない方がいい
ですよ^^;

むしろマーケットサイズが小さい方が、参入も簡単ですし、
濃い見込み客も簡単に集められますから。

ニッチであっても、今はSNSなどの進化で簡単にファンに
アプローチすることができますからね。

例えば、ツイッターを使って、そのニッチジャンルに
興味のあるフォロワーを増やしていけば、いくらでも
キャッシュポイントは作り出していけます。

しかもツイッターで多くのフォロワーを集めるのは、
ツールに任しちゃって、

1.情報を収集する
2.ビジネスモデル(キャッシュ)を考える
3.アイディアを形にする

といったことにあなたの時間を使っていった方が、
収入的な成功は絶対早いと思いますよ^^

自分以外が出来る事は、他の人やツールに
全力で頼ることが成功の鍵ですから!

ちなみに、もし手動でツイッターのフォロワーを
増やしているのなら、このツールを使いましょう。

ツイッターフォロワー増ツール「フォローマティック」

そこで浮いた時間を、マーケティングの情報収集や
アイディアを考える時間などに使った方がいいですよ!

自分のビジネスに使える時間のない人程、使えるツールなどは積極的に
有効活用していかないと、成功までの時間がドンドン遅くなりますから。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る