アドセンスやサイトアフィリなどのオンラインビジネス&美容室などのオフラインビジネスの複数ビジネスの仕組みを作りノマドライフを送るフカミの実践記





TwitterはPPCの代わりに使える?

スクリーンショット 2013-09-06 4.43.26

いろんな集客に使えるTwitterですが、今日ふと思いついたことですが、
ツイッターってPPCのようなテストの使用目的でも使いやすいですね^^

どういうことかというと、PPCって通常はアフィリ以外であれば、
お客さんの短期的な集客をお金をかけてやるものです。

売れるページやサイトができたら、PPCの単価を下げるとともに、
別サイトなどでSEOも行い長いスパンで稼げる仕組みを作り、
両方から稼ぐ仕組みを作ることが理想的なわけです。

PPCというのは、「pay per click」の略でクリックされる毎にお金を支払という広告ですが、
これはAdwordsなどいろいろなとこで使われている広告の仕組みです。

なにかの販売ページなどを作って、このPPCで短期的にテストをして
成約率を確認することで、そのページがいいのか?あるいは修正した
方がいいのか見えてくる訳です。

要は、成果のテストの「時間短縮」のためにも使えるということです。

大手の一般的な会社はこういう広告で数を集めて、その成果を
分析するわけですが、これをツイッターでやれば、同じように
簡単にアクセスが集まるのでPPCの代用にもなりそうですよね^^

もちろん、そのジャンルとかにもよりますが、例えば、サプリのLPを
テストしたい場合に、twitterで濃いフォロワーが沢山いれば、
ダイレクトに悪い部分や質問なども貰えたりするわけです。

そういう意味では、PPCよりもTwitterの方が優れているかもなと思います。

しかも、Twitterなら無料で短期間で成約率などのテストができるので、
やらない手はない
ですよね^^;

ページ作りなどに失敗しても、短期間でしかも無料でダメだって
分かるって凄い価値だなと思った次第です。

特に落ちはありませんが、ツイッターの魅力が少しは伝わりましたかね(笑)

さらに、最近ではツイッターなどのソーシャル系リンクの2次的なSEO効果も重要になってきています。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る