アドセンスやサイトアフィリなどのオンラインビジネス&美容室などのオフラインビジネスの複数ビジネスの仕組みを作りノマドライフを送るフカミの実践記





会社員は死滅する!?ビジネスと小遣い稼ぎの違い

prof

どこのソースかは忘れたのですが、最近は大手の企業の経営が悪化する
スピードが上がっているみたいですね;;

つまり、安定で生涯安心できる会社員というのものは存在しないんだと
考える方が自然でもう常識になりつつあると思います。

なので、これからは社員として誰かの背中に乗っかって
給料を貰えるというシステムは崩壊していくということです。

では、どうしたらいいのか?

会社員であれば、個人個人で稼ぐ方法を身につけ、
会社を利用するくらいの立ち位置にいくべきですよね^^

会社というバックがあるから取引成立できているのに、1億の取引を取ったとか、
売上3,000万に貢献したとかの自慢を聞いたりもしますが、それって本人の実力
だけではないよって感じます。

今後の日本や世界がどうなるかなんて予測は決してできませんが、
より個人の能力が反映される時代になるんじゃないでしょうかね?

そのための準備として、資格とかじゃなくて自分で稼げる、
誰かに対価を支払ってもらえる仕組みを作る
ことって、
その辺の保険とかよりも、強い保険だよなと思うわけです。

普通に会社員や非正規雇用でも、今は暗黙の了解で、
副業ができるわけですし、ちょっとでも両立させて
いくといいと思うわけです。

最初は、本業9:副業1のパワーでもいいじゃないですか?

マイペースでしっかりとビジネススキルアップしていくことで、
これが8:2、7:3とかになっていき、徐々に収入的にも
安定するし、本業を止めれるライフスタイルになっていくわけです^^

まぁ止めなくても、これだけでも、2本の収入源になるわけで、
本業と同じくらい副業で稼げれば精神的にもかなり良いですよね。

でも、そこまでいくのがなかなか難しい。。。

最初は誰もがそうだったんです。

でも、ネットの場合は特に平等にチャンスがあり、
何人しか稼げないみたいな制限は一切ないわけです。

だから稼いでいる人も普通にいい情報をバンバン出すんですよね^^;

そして、ネットのお小遣い稼ぎの方法は腐る程いろんなものがあります

自己アフィリや楽天、商品などのアフィリエイトやポイント稼ぎ、
ブログ記事案件、アドセンス、サイトやTwitterの売却などなど
僕が知っているだけでも、ほんとに数えられないくらいあります。

この中で僕が推奨しているのが、超初心者ならツイッターを使った
楽天やアドセンスに始まり、さらに稼いで行くためにアドセンスの
仕組みを作っていくという流れです。

この流れで最終的に自分が作業せずに、勝手にお金が
毎月入ってくる仕組みになります。

 

アドセンスはビジネスじゃない!?

 

でも、アドセンスは正直お金稼ぎとかお小遣い稼ぎであって、
ビジネスだとは僕は思っていません。

だって、この仕組みを使えば中学生でも稼げるから^^;本気で。

単純にいえば、その辺のゲームの攻略となんも変わりませんから。

それくらいのレベルだということです。

なので、ある程度稼いだら、自分に興味を持ってくれるような
相性の良い人に、あなた自身が役立つ人になれるビジネス作りを
していくべきだと僕は思っています。

それは、別に物とお金を交換するというだけではありませんよ。

「価値の交換」がビジネスなわけですから、それは
あなたが欲しい○○なら何でもいいわけです。

これからの時代ってさらにお金以外の価値が高まりそうです。

例えば、特殊な経験とかそういうものに凄い価値が
生まれるような実感があります。

なので、変な特殊なサービス業とかでかなりチャンスって
ありそうですよね^^

例えば、船(クルーザー)を貸し切ってパーティーとか、
花火大会にいったり、BBQしたりとか。。。

TDL、TDSのすぐ沖までいったり。(乗り着けると逮捕されますw)

こんな感じのサプライズプレゼントのサービスとかも面白そうですよね^^;

話がそれましたが、世の中に無限大にビジネスチャンスってあると思うわけですよ。

そして、今はネットのおかげで初期投資もほとんど不要で、
ビジネスを作り出すことができます

ツイッターなどのSNSやブログなどを使えば、
無料集客だって簡単にできちゃうわけです。

なので、ベースの収入ができたら、楽しんでこういう
チャンスに挑戦して行きませんか?

僕自身は、面白いアイディアをさらに沢山行動に
移していくつもりです^^

ネットで試せば、借金せずにいくらでも失敗できますからね。

失敗ができるってゲームと一緒ですよね!
なら、どんどん進みませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る