アドセンスやサイトアフィリなどのオンラインビジネス&美容室などのオフラインビジネスの複数ビジネスの仕組みを作りノマドライフを送るフカミの実践記





濃いキーワードを見つける方法とは?

スクリーンショット 2013-12-18 19.23.36

サイトアフィリで一番稼げる鉄板のキーワードは悩みが深い系のキーワードです。

多くのサイトアフィリエイターは同じような手法でキーワードをリサーチしているので、みな似たようなキーワードでサイトを作っています。

でも、そのやり方だとSEO強者や古株のサイトアフィリエイターに全く太刀打ちできないことの方が多いです。

 

つまり、同じキーワードの土俵で戦う限り稼ぎにくいのは当然なんですよね^^;

キーワードツールやwebサービスは定番の方法ですから、そこから緩い稼げるキーワードを探すのは非常に骨の折れる作業です。

しかもそのジャンルに特別詳しくないならば、恐らくこういった定番の攻め方をして、全然アクセスが来ない、全く上位に表示されないというケースの方が圧倒的に多いと思います。

なので、そのジャンルで売れるキーワードや関連用語を探すためにキーワードツール等の定番の方法で掘り出す事は、ライバルサイト次第ですが効率が悪いことの方が多いと思います。

 

濃いキーワードの発掘の仕方

 

むしろ、人と話していて聞いたりする情報やキュレーションメディアの情報、アマゾンの書籍、ASP内の商品のキーワードタグからキーワードを知って、調べてみたら凄く緩いキーワードが発見できたりします。

例えば、ASPの各案件に表示されているタグやキーワードってリスティング広告が禁止になっているケースが多いことはご存知でしょうか?

 

どういうことかというと、このキーワードで広告を出したら簡単に売れるわけで、これをOKにしてしまうと、みんな広告出稿して広告単価が上がり自社の首を絞める事になるため禁止しているわけです。

つまり、売れるキーワードで広告出稿は禁止されているけど、そのキーワードでSEOで集客する事は禁止されていないわけです。なので、滑らない濃いキーワードを案件のタグから発見できたりもします。

 

サイトのユニークさも大事ですが、こういったコンテンツやテーマについても他のアフィリエイターとの差別化に頭を捻ることが資産サイトを作るための鍵だと思います。特に成約型のサイトアフィリであればアクセスの数よりも質の方が重要ですからね!

このような感じでサイトを作って反応が出るかをテストしてみて、もし反応が良ければ一気にそこにエネルギーを使って他のアフィリエイターが見た瞬間諦めてしまうくらいのナンバーワンサイトを作り上げていきましょう。

 

自分だけ知っている濃いキーワードの資産サイトを作り上げれば、他のライバルの参入障壁を高くすることができますからね。例えば、キャッシングとかレーシックのサイトってほとんど新規で挑む方がいない状態になっています。

ちょっと知っていれば無謀な挑戦なので、全く知識のない初心者の人か、何かしらの独自の強みがある人しか参入しませんからね^^;

小さいジャンルでもいいので、こういった状況を作れれば、かなり長期的に安泰なあなたの資産サイトになると思いますよ。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る