アドセンスやサイトアフィリなどのオンラインビジネス&美容室などのオフラインビジネスの複数ビジネスの仕組みを作りノマドライフを送るフカミの実践記





ソフトバンクがPayPalに手を出した!

paypal

こないだニュースになっていましたが、PayPal Japanが作られたみたいですね。

ソフトバンクと米ペイパルとの合弁会社ということですが、
結構期待できそうですね^^

日本では、PayPalってそんなに普及していませんが、
凄い便利な決済サービスです。

世界では、2億3千万アカウントを超え、190カ国だかで
使われているサービスになっています。

日本では、ネットでもオフラインでも、クレジットカードの支払いで
JCBが使えなかったり、現金しか対応していないお店とか何かと不便です。

コンビニでクレジットカード決済できるようにはなりましたが、
今でも現金を持ち歩くことは必要ですよね。

ソフトバンクの狙いはオフライン&オンラインの決済で
PayPal決済を普及させ、その手数料で抜くということのようです。
(ついでにソフトバンク携帯ないとやばいよ!ってする感じらしい)

何が便利になるのかというと、PayPal決済が普及すれば、
いちいちamazonでも楽天などなどネットの至る所の決済に
クレジットカードの面倒な登録が必要なくなります^^

オフラインでも、VISAだったりMASTERだったり使い分けてるのが
面倒なわけですが、こういうのがひとまとめにPayPalで簡単に決済
できるようになるということです。

PayPal決済が普及すると

ネットショップA ネットショップB 実店舗C 実店舗D
↓       ↓      ↓    ↓
Paypal アカウント

自動引き落とし

という感じで、現金やカードを持たずにいろいろまとめて
決済できるわけです。

ビジネスをしている人にとっても便利ですよね^^

確定申告や家計簿などの帳簿でも、役立ちそうですね。

いろんな会社の決済情報が必要だし、これをひとまとめにできれば、
かなり楽になってミスもなくなるのではないでしょうか?

 

日本でPayPal普及するために必要なこと

 

他のサービスもそうですが、何度か使うと使い難さなどは
なくなります。慣れって凄いですよね^^

例えば、アマゾンの決済なんかワンクリックで購入完了まで
いけちゃう設定もできるし、凄い便利な反面怖さもあります。

ただ、今までに消費者としても販売者としてもペイパルを
活用していますが、どちらも使い難いんですよね^^;

機能的にはPayPalは凄いのですが、日本人にあってない配置の
レイアウトとかフォントサイズだったりで、最初みたら怪しさ
さえあるのではないでしょうか?

安心できるようなレイアウトと日本人向きなユーザビリティ
することで、凄い広がるのかなとも思っています。

でも、どうやらオフラインで強い、電子マネーのSuica(スイカ)や、
PASMO(パスモ)、ICOCA(イコカ)なども、コンビニだけでなく、
交通以外の多ジャンルの展開に広げていくらしいです。

なので、今後競争も激しくなりそうですが、消費者の視点では
早く一つになって欲しいですよね!

できるだけ、現金もカードも持ちたくない。
って思うのはみんな同じだと思います。

ps
そういえば、iPhoneにお財布携帯機能早く付けて欲しいな。
欲を言えばappでのテザリングも解放してほしいですね〜。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る