アドセンスやサイトアフィリなどのオンラインビジネス&美容室などのオフラインビジネスの複数ビジネスの仕組みを作りノマドライフを送るフカミの実践記





ツイッターアフィリに裏ワザは要らない?

img4c912df1zikdzj

フォロワー増加させている一部の方に一斉にアカウント凍結とか
起こっていましたが、大丈夫でしたか?

もし凍結されてしまった方は、復活の申請を出して下さいね。

で、以降は少し様子見しながら、2,000人までは今までよりも少ない
ペースで増加させた方がいいです。

これはツールを使っていない人にも同じことがいえます。

結構いろんな無料オファーがありますが、僕自身はほとんどもうやっていません^^;

小銭はいつでも抜けますからね。。。

でも、そんな中で英語の無料オファーだけは、受験系のメルマガやツイッター、
サイトなどいろんな媒体(メディア)で紹介しています。

相性もいいので、トンでもない成約率になっていますが、
一切売り込んでいません^^;

むしろ喜ばれます!

無料なものを紹介してお金が貰えて、さらに

「また教えてくださいね!!」

と言われるって凄いことですよね?

でも、これがビジネスの本質だと思うわけです。

要らない人に無理矢理売るのは詐欺です。

無料なものでもいりません^^;

だって駅前で配っているティッシュも基本貰いませんよね。

みんなティッシュが目的で、欲しいと思う時だけ貰うわけです。

なので、欲しい人をどうやって見つけるかが大事で、これを難しい言葉で
マーケティングとか世の中では言われています。

でも、はっきりいって「裏ワザ」とか一切必要ないです。

例えば、オンラインゲームが好きで好きで止められないという人が、
ゲームのサイトを運営して、そこでなんらかのゲームの感想を書けば
簡単に売れるわけです。

勝手に検索してそのゲームが欲しい人が集まってくるからです。

なので、英語とかの無料オファーも同様、語学に興味ある人、
大学生、海外旅行が好きな人など
をフォロワーに増やしたり、
仲良くなると簡単に成約が取れます^^

そういう人達にとっては、こういう無料の
情報は一切売り込みに感じないわけです。

そのための呟き方も大事ですが、分かりますか?

よくビジネスで言われることですが、ターゲットを
「具体的な一人に搾る」ことが大事なのです。

なので、海外旅行好きな人がいるのなら、
その人1人に呟くことを意識してください。

そうすることで、何十人かだけにもの凄く響く(クリックしたくなる)
ツイートができます。

フォロワーが何千人いるからといって、全員に響かせようとする言葉は
響きませんし、どうしても広告っぽくなってしまいます^^;

ツイッターは、タイムラインがあるので勝手にドンドン流れていきます。

なので、相手を分けて呟いても問題ないわけで、時間をあければ、
数回ならまずウザイとも思われません。

昼に一度、海外旅行好きな人に向けて、

「友達が、こんどフランスに旅行にいくらしい。で、英語が苦手な彼は今必死にこの無料英語で学んでいるみたい。URL でもね、フランス人って英語が嫌いでフランス語しか使えない人も多いらしい。が彼の前では言えなかった^^;」

とかナチュラルに海外旅行が好きな人が、少し読んで
しまうような文章にすればいいわけです。

同じように、今度は学生など英語勉強に苦労している人に向けて、

『TOEIC受けたのもう10年も前だけど、最近英語力ほんと落ちて来た気がする。やっぱり英語は使ってないと忘れるわ。Engrishを久々に勉強してみようかな。これ無料とか(笑)URL 』

こんな感じで、ワザとEngrishとスペリングを間違えることで
ツッコミたくなる。目に止まらせることができます。

何?これ間違ってる(笑)と思ってもらうのが狙いですw

すぐに流れていくタイムラインの中では、なにかしら
目に止まらせ、気にならせることも大事です。

むしろ、胡散くさい煽りだらけのスパムアフィリツイートに
見慣れている中でこういったツイートの方が目に止まります。

胡散臭い言葉で煽るより、面白さ、普通っぽい方が
目に止まる
ということです。

 

つぶやきは文章の長さも大事!

 

最近分かってきたのですが、基本的につぶやく文章は長い方がいいです。

普段の呟きも長い方が、目に止まりやすいし、リプライ(返信)、
RTされることも多いからです。

※ただし、長いツイートを書く時でも90字程度までにしましょう。

もし他の人がRT(リツイート)したくなったときに、
ワンコメント入れられる余裕を入れておいた方がいいからです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る