アドセンスやサイトアフィリなどのオンラインビジネス&美容室などのオフラインビジネスの複数ビジネスの仕組みを作りノマドライフを送るフカミの実践記





ちょっとはみ出すだけで0点になるゴミ教育(笑)

スクリーンショット 2013-09-04 10.30.45

ちょっと前に、雑誌「小学一年生」の広告が話題になっていましたが、
これを見た事はあるでしょうか?

そもそも漢字としては、分かっているわけだし、×ではないんじゃない?
って思うのは僕だけですかね?

せめて○にして、補助的にこの方がよりいいよ!
って感じの評価にすればいいと思うんですが、
日本の減点教育ではきっと無理なんでしょうね。

でも、所詮、言葉や文字って伝わればいいと思う訳です。

こんなダメ出し教育してるから、個性は伸びないし、
みんな同じ型に嵌った大人になりやすいんだろうなと、
見ていてちょっとイラッとしました^^;

この「小学一年生」はツイッターで広告が上手いと
拡散されて人気になっているみたいですが、
あまり正解にしろ!とかのつぶやきは少なそうです。

従順な画一化されたサラリーマンに育てあげるための
洗脳教育には、きっとこういう手法がいいんだろうな。
と思ったりもしますが、これからは個の時代だし、0か100の
答えなんてなくなっていくんじゃない?と思う訳です。

きっと、漢字のテスト問題で、もし習字の達筆なプロが
感動させる漢字を書いたら0点にされるんでしょうね(笑)

でも、これからの社会は同じ能力であるほど危険だと思います。

つまり、平均レベルであるほどダメだと評価される社会に
なっていっていると思います。

具体的には、成績の評価が、3、3、3、3、3よりも、
1、1、1、1、5の方が価値がある人ということです。

平均点では前者の人の方がいいので、賢い人だと評価されますが、
はっきりいって平均の評価なんて意味ないと思う訳です。

というのも、以下の記事を見てそう感じました。

発達障害者ONLYの職場で能力全開で働く人たちのこと

誤解を恐れずに言うと、健常者よりも障害者の方が、
価値があるとみなされる時代がくるかもしれません。

障害を持つ人は、一般的なみんなと同じではないことで、
良くないとされてきた社会(働く制限、給与の安さなど)でしたが、
優位な部分(個性、取り柄)が評価される経済になっていくと思います。

なので、大学を卒業した人なんかよりも、障害者の方が、
よっぽど個性的な高いスキルを持つ割合が多く、特殊な
才能を正当に評価される時代がくるかもしれないですね^^

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る